フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えるメリットは?

フレッツからソフトバンク光に乗り換えた場合の注意点

 

 

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えるメリットは?料金・セット割・キャッシュバックまとめ!

 

 

フレッツ光は全国的にも大きいインターネット回線業者ですが、最近は光コラボレーションにも力を入れています。もともとインターネット回線業者ではない携帯の大手キャリア業者などがインターネット回線業者に参入しているということです。ソフトバンク光もそのうちの一つで、携帯の大手キャリアがインターネット回線に参入している例です。

 

 

ソフトバンク光以外にもソフトバンクひかりやドコモひかりがありますが、自分の持っているスマホ業者とあわせるということが良いです。スマホと業者をあわせると、インターネット回線もスマホも安くなります。なのでソフトバンク光を利用している人はauの携帯を持つということになります。そして、格安SIMの携帯を最近は持っている人が多いですが、それのインターネット回線もあります。携帯料金がもともと安いのにさらに割引になるので、非常に安くインターネット環境と携帯電話の利用が可能になるということです。

 

 

ソフトバンク光はeoひかりとエリアが重ならないように配慮されているので、関西では使えない場合が多いのですが、その場合はeoひかりにもソフトバンク光と同じようにauのスマホの割引機能があります。
今はソフトバンク光だけでなく、他の多くの光コラボレーション業者が割引のキャンペーンを行っています。もともとフレッツ光の回線を使っているので、特にフレッツ光からの乗り換えには積極的で、工事費や違約金を肩代わりするというサポートもあります。

 

 

フレッツ光からの転用の場合はそもそも工事が不要ですし、違約金無料といっても内通しています。光コラボレーション業者はソフトバンク光も含めてフレッツ光の回線を利用しているので、当然フレッツ光に対して料金を支払っています。なので、転用の際の違約金などについては内部でやり取りしています。

 

 

 

具体的にどうなっているのかは公開されていませんが、消費者に対しては違約金の肩代わりというようにアピールしています。ですが実際は違約金も何も内通している業者間の移動なので、そんなものが発生するはずがないということになります。ソフトバンク光やドコモひかりやソフトバンクひかりは営業活動をかなり積極的に行っており、それは迷惑というクレームが大量に入ったり、行政指導が入るくらいに熱心に行っています。ただこれは仕方のない面があって、それはインターネット回線業界はすでに飽和している市場だからです。

 

 

 

契約時の注意

 

 

フレッツ光でも十分に安くて回線が安定しているので、わざわざ面倒な移転というのを多くの人は検討しないからです。なので、ソフトバンク光などはフレッツ光ユーザーの個人宅の訪問や電話営業を積極的に行うことで、フレッツ光のユーザーに対してソフトバンク光に乗り換えることのメリットを熱心に伝えてきたということです。なのですが、実際営業が激しかったので邪魔に感じる人も多かったということになります。実際乗り換えた人は多かったのですが、ユーザー数を一気に増やし過ぎたせいで回線は一時的にパンクしました。

 

 

 

また工事が滞るというようなこともあり、数カ月インターネット環境が使えなくなったという人も発生し、大変な状況ではあったのですが、現在では回線が安定して安く提供できています。なので、スマホ業界に乗り換えるというのが今はお得です。キャッシュバックやその他のキャンペーンを導入して積極的に顧客を集めています。ローカル回線などは、顧客に対して安定的なサービス提供をして収益を安定させるということに力を入れているのですが、ソフトバンク光などの大手携帯キャリアに関してはとにかく目立って、多くのユーザーを集めるということに力を入れています。

 

 

それはテレビコマーシャルなどを見てもよくわかるはずです。サービスの詳細の説明などはおいておいて、とにかく注目を集め、契約を取るというスタイルです。なので、消費者にとって重要なことというのは適正に情報を得て判断するということになります。店舗で契約をしようとしても、店員から得られる情報というのは売り込むための一方的な情報になります。なので情報の客観性が欠けており、消費者としては判断に困るか、もしくは不利な状況で契約せざるを得ないということになります。インターネットで契約を行えば、口コミやサイトを見て客観的に判断できますし、その方が圧倒的にお得な契約を結ぶことが可能でしょう。

 

 

 

キャッシュバックというのは単に顧客がもともと支払ったお金を返してもらっているだけなのですが、料金が同じであればもらえた方が良いでしょう。業者がサービスをややこしくしているのは悪意なのですが、それも比較検討すればメリットのある業者というのがわかります。このようなことは時期によっても変わってくるので、自分が契約するタイミングで検索する必要があります。まとめサイトでの各業者の比較というのも参考になるので、見ておくと良いです。そして、最近書かれたものを見るのが良いです。"