ソフトバンク光の料金を細かく解説!

 

ソフトバンク光の料金を細かく解説!基本料金からテレビ、電話などのオプションまで

 

インターネット回線の料金形態は契約者の住居や利用頻度等を考慮して様々なプランが用意されています。
特にソフトバンク光ではプランによって料金が大幅に違ったり回線スピードが違う事もあるので、自分の希望するプランがどういった契約内容なのかよく確認するようにしましょう。

 

 

ソフトバンク光の料金形態の概要

 

 

ソフトバンク光では大きく分けると東日本エリアと西日本エリアとで加入できるプランが異なります。
東日本エリアでは戸建住宅専用回線がファミリーギガスピードとファミリーハイスピードとファミリー、そしファミリーライトを契約する事ができます。

 

 

そしてマンション専用回線がマンションギガスピードとマンションハイスピードとマンションが契約できるようになっています。
マンションタイプは2年自動更新プランに自動加入となり、月額利用料金が3800円で固定となっていますが戸建住宅の場合は月額利用料金が4700円の5年自動更新プランと5200円の2年自動更新プランがあるので転勤等で引っ越しの予定がない方は5年自動更新プランを選択しましょう。

 

 

また戸建住宅専用のファミリーライトに限っては2年自動更新プランのみの契約となっており、最低月額利用旅金も3900円と低めに設定されてはいますが1ヶ月あたりの通信量が3GBという条件を満たさなくてはならないので注意してください。

 

 

西日本エリアの料金プランについては東日本エリアのプランと同じプランになってはいますが、サービス名称が戸建住宅の場合がファミリースーパーハイスピードとファミリーハイスピードとファミリーになっており、マンションタイプがマンションスーパーハイスピードとマンションハイスピードとマンションになっているので申込時は注意してください。

 

 

ソフトバンクが提供している光電話について

 

 

光回線というと多くの方がインターネット回線を想像しますが、光回線は様々な用途に使用する事ができその一つとして光電話という使用方法があります。
これは通常の電話回線を使った通信ではなく光回線を使った通信を行うもので、インターネット回線と同じく様々な料金が設定されているので今の電話回線を使った通信よりもお得な場合が多いのです。

 

 

ソフトバンクが提供している光電話の契約プランは月額利用料500円の基本プランと6つのオプションサービスを使用する事がで着る上に、480円分の無料通話が付いてくるスマート基本プランが用意されています。
スマート基本プランで利用できるオプションは番号表示やキャッチ電話、多機能転送や着信お断り等携帯通信端末ではお馴染みの機能の数々が用意されているのでスマートフォンや携帯電話と同じ感覚で光電話を使用する事ができるようになっています。

 

 

ソフトバンクの光電話の通話料は全国の固定電話どこへかけても3分8円と非常に安く、東日本エリアと西日本エリアともに同じ料金プランで利用できるので非常に加入しやすくなっています。
また携帯やPHS海外への通話の場合も最低36秒10円から最高60秒16円まで通話先によって違う料金が設定されているので、よく通話する相手への通話料金が安ければ光電話の利用をお勧めします。

 

 

ソフトバンク光の人気サービス光テレビについて

 

 

インターネットの光回線は電話やインターネットだけでなく、テレビにも利用する事ができソフトバンク光では様々な番組を提供しているのでソフトバンクの人気コンテンツとして存在しています。
ソフトバンクの光テレビは80以上ものチャンネルで構成されており、そのどれもがHD画質で観れるようになっているためコンテンツ内容だけでなく視覚的にも楽しめる構成になっています。

 

 

料金形態はチューナーレンタル料金が月額500円かかり、それぞれテレビやビデオの見放題コンテンツの視聴の有無によって2500円のテレビおすすめプランとビデオざんまいプラン、そして3500円のお値うちプランが用意されています。
またお値うちプランとテレビおすすめプランに限っては月額700円からのオプションに加入する事でプレミアムチャンネルを視聴できるので、観たいチャンネルがある方は契約をお勧めします。

 

 

そしてこの他にもカラオケ等の有料コンテンツサービスも提供されているので、友人を家に招く事が多い方はこれらの契約もお勧めです。
光テレビは基本的に全ての都道府県でサービスを展開していますが、一部の都道府県にある街によってはサービス提供外になっているので契約前に確認しておく事をお勧めします。

 

 

ソフトバンク光のBBユニットとは

 

 

ソフトバンクが提供している光BBユニットはよりソフトバンク光の高速回線を活かすために作られた光回線接続機材で、WIFIマルチパックやBBフォンを利用する事でインターネットの利便性を飛躍的に高める事ができます。
ユニットのバージョンによって通信速度が異なりますが、新しいE-WMTA2.2と2.3については最大で1Gbpsもの高速回線をサポートできるので基地局との距離によっては高速回線を利用したインターネットコンテンツが楽しめる様になっています。

 

 

このBBユニットはレンタルのみとなっていますが、月額利用料金も467円と安いのでできるだけ高速回線を体感したいという方はBBユニットのレンタルをお勧めします。

 

 

まとめ

 

 

ソフトバンクでは光回線を様々な分野に生かす事で、あらゆる人の要望に応えられるような料金プランと設備になっているのでその多彩なサービスの中から自分に適した一番のプランを選択し快適なインターネットライフをおくることをお勧めします。